ホーム後期研修医募集小児科後期研修プログラム獲得目標
 
 
 
獲得目標


一 般 目 標 GIOs,General instructive Objectives
一般小児科医としての頻度の多い疾患・症例に対する初期対応と継続的管理が出来うる知識・診療手技を習得する。
緊急を要する疾患・症候に対する初期対応が出来る。
主として一般病院での研修を位置づけ一次医療・二次医療を担当する。
小児の健康保持と増進、疾病予防活動に努める。
小児科医とし医療の質の向上に努め、新たな知識・技術の習得と医学の進歩に貢献する。
各種コメディカルスタッフと協同して医療する事が出来る。
初期研修の屋根瓦を担い、将来の小児医療を担いうる後進の育成に寄与する。
 

行 動 目 標 SBOs,Structured Behavioral Objectives
正常小児の成長・発達に関する知識を習得する。
小児の代表的疾患を理解し、これを経験する(専門医取得に必要な症例の経験)
適切な病歴聴取・診察・臨床検査等により適切な診断を行い、患児の状態に応じた治療計画を立て実行出来る。
小児医療に関する基本疾患(CommonDisease)を経験し、外来治療・入院治療の適応の判断を適格に行うことが出来る。
必要に応じて他の医師やコメディカルスタッフ、他の医療機関と連携して診療出来る。
児童福祉法・母子福祉法、公費負担制度などを理解し、これを活用出来る。
常に自己研鑽に努め、種々の医療・医学情報を取り入れ新しい知識の吸収に勤める。
臨床研修に携わりその成果(症例報告を含む)を発表出来る。(学会・研究会・論文)
 

獲得すべき手技

採血(毛細血管・静脈血・動脈血)、動脈・静脈ルート確保、導尿、腰椎穿刺、骨髄穿刺、呼吸管理、蘇生(気道確保・人工呼吸・心マッサージ)・胃管の挿入、経管栄養、経静脈栄養

 

研修期間中に身につけるべき具体的事項
@ 面接・指導
  小児に不安を与えないように接することができる。
  保護者から発病の状況,患者の生育歴,既往歴,予防接種などを要領よく聴取することができる。
  インフォームド・コンセント,インフォームド・アセントに配慮した対応ができる。
     
A 視察・処置
  小児の正常な身体発育・精神運動発達・生活状況を理解し判断できる。
  小児の年齢差による特徴を説明できる。
  視診により、顔貌と栄養状態を判断し、主要症状の有無を知ることができる。
  乳幼児の口腔・咽頭の視診ができる。
  発熱のある患児の診察を行い、日常病の診断治療ができる。
  熱性けいれんの診察および処置ができる。
  咳・喘鳴などからクループ・細気管支炎・気管支喘息の鑑別ができる。
  発疹の所見を述べることができ、日常病(麻疹・風疹・水痘・突発性発疹・伝染性紅斑・手足口病・単純ヘルペス感染症・溶連菌感染症など)の鑑別ができる。
  便の性状(粘液・血液・膿など)を述べることができる。
  重大な腹部所見を述べることができる。
  髄膜刺激症状を調べることができる。
  脱水症の的確な診断と原因について調べることができる。
     
B 新生児
  新生児の日常的ケアができる。
(保育環境・水分量の計算・栄養管理・体重測定・バイタルサイン・新生児黄疸など)
  新生児のスクリーニング検査ができる。
     
C 手技・処置
  採血(毛細血管・静脈血・動脈血)ができる。
  注射(静脈・筋肉・皮下・皮内)ができる。
  浣腸ができる。
  輸液・輸血ができる。
  注腸・高圧浣腸ができる。
  胃洗浄ができる。
  腰椎穿刺ができる。
  骨髄穿刺ができる。
  鼓膜検査ができる。
  吸入療法ができる。
     
D 栄養療法
  小児の年齢区別の薬用量を理解し、それに基づいて一般薬剤(抗生剤を含む)を処方できる。
  乳幼児に対する薬剤の服用・使用について看護婦に指示し、保護者に指導できる。
  年齢・疾患に応じて補液の種類・量を決めることができる。
 
 
HOMEお問合せ・ご意見|アクセスサイトマップ個人情報について採用情報関連事業所リンク
TOP▲

前橋協立病院
〒371-0811 群馬県前橋市朝倉町828-1 tel:027-265-3511 fax:027-265-3629
Copyright(C) Maebashi Kyouritsu Hospital 2010 All Rights Reserved.