ホーム後期研修医募集小児科後期研修プログラム研修の概要
 
 
 
研修の概要

特  徴

群馬大学医学部小児科学教室関連病院である前橋協立病院におき、日本小児科学会専門医制度研修医として登録、専門医取得を目指す。

専門医取得に必要な症例は、群馬大学小児科学教室の協力を仰ぎ県内関連病院での経験を蓄積する。また、日本小児科学会総会・地方会などでの研究発表を経験する。

後期研修期間中に、関連病院における一次医療(主に外来研修)を担い地域医療の実態について理解する。

将来のサブスペシャリティー構築のために、週一単位の外部研修(県内協力病院)を選択することも可能である。

 

■プログラムを構成する施設
  前橋協立病院・群馬大学

■プログラムを履修する期間
  初期臨床研修修了後3〜5年間

■研修の開始時期
  各年度4月1日付け(日曜にあたる場合は翌日より)

■募集定員
  各学年2名迄

■後期研修医の身分
  群馬中央医療生協常勤職員とする。

■後期研修医の処遇
  群馬中央医療生協給与規定による。

■ 後期研修医の福利厚生
  群馬中央医療生協常勤職員に準ずる。
健康保険・厚生年金・雇用保険・共済制度あり

■ 勤務時間
  8:40〜17:10

■休 暇
  4週7休制、年次有給休暇初年度10日、夏休み3日、年末年始休暇5日
その他慶弔・育児休暇など医療生協常勤基準に準ずる

■時間外勤務
  夜間外来・病棟業務において残業あり

■日直・当直
  当生協常勤に準じ

■ 宿舎
  寮なし 住宅手当支給 13,000円/月額


■健康管理
  年2回の定期健康診断を実施

■医師賠償責任保険
  当生協にて加入(個人加入については任意)

■学会参加
  年間20万円まで補助(参加1回あたりの上限は10万円)
1学会連続4日(日祝日を含め)年2回までは、平日分を勤務保障

■研修の評価 委員会、評価シート
   
 
HOMEお問合せ・ご意見|アクセスサイトマップ個人情報について採用情報関連事業所リンク
TOP▲

前橋協立病院
〒371-0811 群馬県前橋市朝倉町828-1 tel:027-265-3511 fax:027-265-3629
Copyright(C) Maebashi Kyouritsu Hospital 2010 All Rights Reserved.