ホーム後期研修医募集家庭医療後期研修プログラム一般目標・行動目標
 
 
 
一般目標・行動目標

一 般 目 標

外来、病棟、在宅と様々な診療場面において、患者さんの思いやニーズを大切にし、患者さんの抱える諸問題を医学的な面からだけでなく、心理的、社会的な面からもとらえて、幅広く、継続的な診療を行う。目の前の患者さんのみならず、患者さんの御家族や、患者さんの生活する地域全体の健康問題の解決のために活動し、健康増進、疾病予防の活動も行う。医療・福祉スタッフや地域住民の方々と、良好な人間関係をつくり、関連する施設や組織を運営する。


行 動 目 標
@ 生物心理社会モデル (Bio-Psycho-Social Model)
  患者さんの抱える問題について、医学的な面だけでなく、心理、社会的背景を考慮した診療を行える。
   
A 患者中心の医療(Patient centered medicine)
  患者さんの抱える問題について、患者さん自身の感情や解釈を重視し、対話に基づく診療を行える。
   
B 家族指向のプライマリ・ケア (Family Oriented Primary Care)
  患者さんの家族の状況や、家族との関係を理解し、家族全体を考慮した診療を行える。
   
C 地域における健康増進・疾病予防活動(Health Promotion and Disease Prevention)
  地域住民のニーズを把握し、健康増進、疾病予防のための活動を行える。
   
D 包括的・継続的・効率的ケア
  様々な問題を複数抱える患者さんについて、優先度を考慮し、幅広く、継続的な診療を行える。
   
E 幼小児・思春期のケア・女性/男性の健康問題(Women’s Health・Men’s Health)・
老年期のケア
  患者さんの年代、性別に特徴的な健康問題を考慮した診療を行える。
   
F 入院診療・外来診療・在宅診療
  入院・外来・在宅の各診療形態の特徴を理解し、それぞれの場に適した診療を行える。
   
G 救急医療
  BLS、ACLSをはじめ、地域で求められる一次〜二次救急処置を行える。
   
H 緩和医療 (Palliative Care)
  様々な患者さんについて、必要な終末期の診療を行える。
   
I リハビリテーション
  様々な患者さんについて、必要なリハビリテーションを処方できる。
   
J メンタルヘルス
  患者さんの抱える心理的問題を把握し、ストレスマネージメントをサポートできる。
   
K 医療福祉制度
  医療保険、介護保険をはじめとする、国や自治体の医療福祉制度を理解し、活用できる。
   
L 教育者
 

成人教育理論を理解し、患者さんや医療スタッフに対して適切なフィードバックをかけることが出来る。

   
M 施設・組織のマネージメント
  所属施設や地域の医療・福祉スタッフ、地域住民と良好な人間関係を築き、施設や組織の運営ができる。
   
N 生涯学習
  他者からの評価を受け入れ、自分自身を振り返り、必要な学習を継続し、診療に生かすことができる。
   
O 研 究
  臨床研究を行い、学会において発表できる。
   
P セルフマネージメント
  自分自身と家族が、楽しく健康に生活を営むことができる。
 
 
HOMEお問合せ・ご意見|アクセスサイトマップ個人情報について採用情報関連事業所リンク
TOP▲

前橋協立病院
〒371-0811 群馬県前橋市朝倉町828-1 tel:027-265-3511 fax:027-265-3629
Copyright(C) Maebashi Kyouritsu Hospital 2010 All Rights Reserved.