ホーム患者さん向け情報嚥下外来のご案内
 
 
 
加齢・病気によって、食べる・飲むことにお困りの方へ
もう少し形があるもの、好きなものが食べたい方へ
 
<目次>
嚥下外来のご案内
受診時の流れ
嚥下機能検査
検査食
栄養指導
医師・スタッフ紹介
ご相談はこちら
 
嚥下(えんげ)外来のご案内
当院では日帰り飲みこみの検査が出来ます。
毎週金曜日の午後、予約制です。
受診が大変な方はご自宅へ訪問・検査も相談可能です。
専門医を含めた専門職がご相談させていただきます。
その日の夕方から活用できる食事やアドバイスをご案内。
管理栄養士からの栄養指導も可能です。
費用 1割負担の方:1,000〜1,500円程度
    3割負担の方:3,000〜4,500円程度
 
 
受診時の流れ
@ 普段の食事の様子、本人・ご家族の希望を確認
A 言語聴覚士による飲み込みの評価
B 専門医による問診・診察
C 嚥下機能検査
D 評価を踏まえた食事や食べ方をアドバイス
E 必要に応じて栄養指導
 
 
 
嚥下機能検査
嚥下内視鏡検査
医師が胃カメラより細い内視鏡を鼻から挿入します。
ノドの中(痰や唾液がたまってないか)を観察、実際に食べてみて誤嚥をしていないか、ノドの動きを確認する検査です。
必要に応じて実施します。
嚥下造影検査
食事にバリウム(※)を混ぜ、食べていただき
ノドに残っていないか、誤嚥をしていないか
確認する検査です。
色々な食事を準備して、食べ方や姿勢等を調整して安全に食べる方法を確認します。
 
 
   
バリウムについて
  検査食に混ぜて使用する造影剤です。当院では評価に影響のない範囲で可能な限り濃度を薄くし、体への影響・安全性に配慮しています。
 
 
検査食について
検査前にご相談させていただ きます。
普段食べている物食べたいもので検査できます。
おやつ嗜好品も対応可能です。
 
   
 
栄養指導について
必要に応じて管理栄養士による栄養指導を受けることができます。
普段の食事調理負担を考慮して、アドバイス
いたします。
   
 
医師紹介
矢島賢司医師 群馬大学医学部附属病院リハビリテーション科

リハビリテーション科専門医として、県内複数の病院で勤務。様々な嚥下障害の方の診断・治療を担当。嚥下内視鏡検査や嚥下造影検査の豊富な経験あり
胃瘻の方の食事摂取や気管カニューレの抜去等、在宅医療の経験を活かして
家でおいしく楽しく食べることをサポート
させていただきます。
 
 
スタッフ
嚥下外来は多職種連携外来です。
摂食・嚥下障害看護認定看護師、言語聴覚士、放射線技師、管理栄養士などにより運営されています。
 
 
 


ご相談・お問い合わせ
前橋協立病院 地域連携相談センター
tel.027-265-3511(代表)
嚥下外来担当看護師までご連絡下さい

短期入院(1泊2日や2泊3日など)での受診希望など、
ぜひご相談ください
 
 
HOMEお問合せ・ご意見|アクセスサイトマップ個人情報について採用情報関連事業所リンク
TOP▲

前橋協立病院
〒371-0811 群馬県前橋市朝倉町828-1 tel:027-265-3511 fax:027-265-3629
Copyright(C) Maebashi Kyouritsu Hospital 2010 All Rights Reserved.